スマホを探す・鳴らす・データを削除する 【Android デバイスマネージャーの使い方】

毎日使っているので無くすと大変なスマートフォン。今回はAndroid端末をなくした時にネットから使えるAndroidデバイスマネージャーの使い方です。

Androidは使用開始に当たってGmailのアカウントを登録しますが、そのアカウントがあればGoogleの各種サービスを使用できるようになります。

今回使用するAndroidデバイスマネージャーもその一つです。

準備
  • スマホのGPSをオンにしておく(場所の把握のため)
  • スマホに入っているGmailアカウントとパスワード
出来ること
  • 場所を見つける(要GPS)
  • 音を鳴らす
  • ロックをかける
  • 初期化する

使用方法

ネットで『androidデバイスマネージャー』と検索します。

検索結果から、端末を探すをクリック

Googleへのサインインが求められますので、スマホに入っているGmailのアカウント情報を入力します。

ログインするとキャプチャのような画面にうつり、端末を選択するとその位置がわかります。

この時GPSがオフになっていると位置情報はわかりません。

メニューは下記で、GPSがオフでも使用できます。

音を鳴らす

これが一番お世話になります。

なったスマホは本体を操作するかネットで停止ボタンを押すと音が鳴りやみます。

ロックをかける

うえのボックスにメッセージを入れるとロック画面に表示されます。

ちなみにもしスマホにパスコードを設定していなかった場合この画面から設定することができます。ロックの解除はいつものパスワードで可能です。

データを消去する

これが恐ろしいコマンドで、この消去ボタン一つで端末が工場出荷状態になります。

もう一つくらい認証を挟んでもいいのではと思うのですが、Google先生の仕様なのできっと正しいのでしょう。

キャプチャではイメージしにくいと思うので一つの端末を犠牲にして消去まで試しました。

動画が荒くて申し訳ございませんがご興味のある方はご覧ください。

まとめ

この手のシステムは事前にめんどくさい設定が必要なことが多いですがこのデバイスマネージャーのいいところはGoogleアカウントと紐づいた端末がすぐ検索できるところです。

しかし利用しやすいのは悪用されやすいと同義で怖いものです。

知らない間に自分の場所が特定されていると怖いのですが、デバイスマネージャーで端末の場所が検索された際は上記キャプチャのように通知が出てきます。データが消去された際もメールで通知が届くようになっていますのですが、この消去が簡単にできてしまうのが手軽すぎてこわいのでアカウント情報は大事にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする