PowerPoint  新規作成を任意のテンプレートにするには(テンプレートの摘要)

パワーポイントなどのOfficeドキュメントについて、
人によってフォーマットやテンプレートが決まっていると思います。(特に会社によってフォーマットがある場合もありますよね)

テンプレートのフォルダをどこかに作っておいて毎回そこからコピーするのもありなのですが、エクスプローラーで新規作成するときや、パワポのメニューから新規作成するときにそのフォーマットが作成できるとより便利です。

今回はその方法について、自分のメモも兼ねてケース別に書いておきます。
PCの設定やOSのバージョンで異なりますが、windows10及び11で使えると思います。

新規作成について

Officeファイルの新規作成には3種類あります。

1フォルダで新規作成したときに作成されるフ

2.パワーポイントのアプリで、起動時に選べるフォーマット

3.パワーポイントアプリ起動時に自動で初期に設定してあるフォーマット

①フォルダで新規作成したときに作成されるフォーマット

下記フォルダに保存されている「POWERPOINT.PPTX」というファイルを変更します。

こちらは、Windows10でも、Windows11でも、Onedriveにプロファイルを同期している場合でも保存場所が同じようです。

C:\Program Files\Microsoft Office\root\vfs\Windows\SHELLNEW

予め作成しておいたtemplateをこちらのフォルダに持ってきて、すでにあるファイルの名前を適当なものに変更し、新しく持ってきたファイルの名前を「POWERPOINT.PPTX」に変更します。

このフォルダは各Officeアプリで新規作成されるファイルの参照元になるので管理が厳しいようで、ファイルの名前を変更したり、移動するときには上記のポップアップが何回も出てきますが臆せずすすめます。

なにか問題が起きてももとに戻せるように、もとからあったファイルをoldとし、新しく作った名前を「POWERPOINT.PPTX」で上書きしました。次回からエクスプローラー上の新規作成で作成されるファイルが今回追加したファイルになります。

たまに新規作成してももとの空のフォーマットが作成されるように戻ってしまうことがありますが、この場合、ここまでの流れで置き換えたファイルが空のフォーマットに戻ってしまっています。Windows updateやOfficeの更新のときか、なにがきっかけになっているのかわかりませんがたまに置き換えたファイルが初期化されてもとに戻っているので、また同じ方法で置き換えれば再度狙ったフォーマットで作成できるようになります。

②パワーポイントのアプリで、新規作成の中から選べるフォーマット

テンプレートを作成し、保存するときにPoptを選びます。

このとき自動で保存場所が選ばれますので、ここに任意の名称で保存します。ここでは一旦Blankで保存します。いくつかテンプレートを保存することも可能です。

保存後、PPTのメニューの”新規作成”→”個人用”を開くと作成できるようになります。

③パワーポイントアプリ起動時に設定されているフォーマット

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Templates
※アカウントを複数作っていないときあはUsersがないかもしれません。

上記フォルダに②で作成したのと同じように「Blank.potx」を保存すると新規で作成されるファイルがそこから読み込まれるようになります。

編集中。。。

役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする