プロジェクターを使ってテレビを見れるのか&何が必要なのか

プロジェクターをテレビの代わりにするに当たり、何が必要なのか、テレビと比べて何がちがうのかまとめてみました。

ざっくり書いてしまうと、プロジェクターでテレビを見るに当たり考える必要があるのは下記の2つです。この2つについてまとめていきます。

①プロジェクターをチューナーを搭載した機器と繋ぐこと(ケーブルかアプリ経由)

②部屋の明かりにも負けない、明るいプロジェクターを選ぶこと

テレビをみる方法(チューナーを搭載した機器と繋ぐ)

テレビを見るためには、下記の3つの機能が必要です。

  • 映像が映る
  • 音声が聞ける(=スピーカーがある)
  • テレビ放送が受信できる(=チューナーがある)

そして、この3つの機能を持っているかどうかをテレビや他の機器で比べると下の図のようになります。

映像が映る 音声が聞ける テレビ放送が受信できる 録画機能(+α)
テレビ
モニター
プロジェクター

▲(物による+外付けで対応可能)

”テレビ”と名前がつくだけあってテレビはすべてを兼ね備えています。

一番大切なのがチューナーという機能なのですが、これがないとそもそもテレビ放送(地上波放送など)を受信することができません。見が目が似ているモニターとテレビの違いは、このチューナーがあるかないかが大きな違いです。

ちなみに、このチューナーの性能によって、同時に何番組録画できるか?なども変わってきます。プロジェクターでテレビを見る際はBDレコーダーなどに接続することが前提なので、この録画性能もレコーダーに依存します。

つまり、”チューナーを載せたプロジェクター”が存在すれば話が早いのですが、令和2年現在ではまだそんな商品は存在しません。そのためチューナー機能をもつ別の機器が必要となり、すでにチューナーを備えているテレビに比べて割高になってしまいます。(すでにレコーダー等を持っている場合は別ですが)

※よく”Android TV搭載”という触れ込みのプロジェクターを見かけますが、これはスマホに使われているAndroidOSをテレビのような機器に搭載できるようににカスタマイズしたOSがのっているだけで、OSにテレビを見る機能がついているわけではないので注意が必要です。Android TVが搭載されていればアプリが使えるのでNetflixを見たりすることはできますが、テレビ放送を受信するには上記でお話したチューナーがついている機器が別途必要です。

また、アプリでテレビを視聴できる場合はありますが、アプリへの配信に対応しているレコーダーを持っている場合に限ります。この場合、Androidのスマホで外でテレビを見れるのと同じ機能を利用することになりますが、もともとスマホ用に作られているアプリもあるので、Android TV上で正しく動作しない可能性があることはご注意ください。

ここまで書いたように、今の所テレビを見るにはテレビを持つのが一番コスパが良いのですが、”映画を大画面でみたい”、”テレビは邪魔なので壁を使いたい”といった好みのある方にとってはテレビとの価格差以上のメリットがあるので、プロジェクターでテレビをみる方法をまとめてみました。

プロジェクターでテレビを見るには

上で表にしたテレビをみるための機能を図で比較すると下記になります。

テレビの場合は直接テレビにつなぐだけです。

BDレコーダーなどでテレビ放送を受信し、映像・音声をモニター&スピーカーにおくるとになります。

モニターの場合と同じく、BDレコーダーなどでテレビ放送を受信し、映像・音声をプロジェクター&スピーカーに送ることになります。

チューナーがネットワーク対応かつプロジェクターがAndroidアプリに対応している場合、スマホで使用するような外で見れる機能を使ってアプリ経由で見ることができる機種もあります。

この比較からわかるように、プロジェクターでテレビを見る場合、チューナー機能を持つ機器(レコーダーなど)と繋げば原理的にはテレビを見ることができます。パソコンなどの画面を映すのと同じ要領で、レコーダーとプロジェクターをケーブルで繋げるだけです。

ここでもう一つ出てくるのが明るさの問題です。

プロジェクターの明るさ問題

上記の比較から、プロジェクターでテレビを見るにはチューナー搭載機器と繋げば可能とわかります。しかしテレビと違い、部屋が明るい状態ではプロジェクタの光が部屋の光にまけてちゃんと見えない可能性があります。

暗い部屋でずっと過ごすならいいですが、きっと耐えられないので対策は下記の2つ。

1.部屋の光に負けないような光量の強いプロジェクターを買う

2.投影する部分を暗くするか、壁に近づけて画面のサイズを落とす。

映像を写す壁を局所的に暗くする(会社とか学校で部屋の前の方だけ暗くしたりするあれです)か、プロジェクターをより壁に近づけることであかるくします。もちろんプロジェクターを壁に近づけると映像も小さくなってしまいますので要注意です。

おすすめは3000ルーメルンとありますが、最近は指標が変わりANSI ルーメンという表記で紹介されていて一概に比較ができないため、とりあえずネットでTV視聴におすすめされているプロジェクターとその評価を比較してみました。

ネットでお勧めされているテレビ向けプロジェクターと明るさ

ソニー  ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

100ANSI Lumenしかありません、、、

▶いいところ
  • HDMI経由でいろんな機器の映像を映すことができる
  • HDMIをつなぐ専用ユニットがあり、プロジェクター本体はワイヤレスでの使用も可能
  • 超短焦点なので壁のすぐそばに設置可能
▶不安なところ
  • 明るい場所では光量不足かも(下記動画参照)

そもそもテレビを置き換えたい人はテレビで場所を取りたくないという理由の方も多いと思います。そういった方にピッタリのコンセプトなのですが、この超短焦点と明るさはまだ両立できないのかもしれません。

Anker Nebula Capsule II

From amazon

多機能でいいのですが、上記レビューにもあるようにいかんせん光量が足りないようなので、部屋が暗いか、かなり壁に近づけて光量を確保した状態での前提であれば日常使いできると思います。

また、Android TV搭載だからといってそれ単独でテレビが見えるわけではないので注意が必要です。中にはアプリでテレビ視聴しているレビューもありますが、下記のようにスマホで外で見れるように配信できるレコーダーなどを持っていることが前提になります

▶いいところ
  • HDMI経由でいろんな機器の映像を移すことができる
  • 内蔵のAndroidTVでアプリを使ったストリーミング系のコンテンツを視聴可能
  • アプリに配信できるBDレコーダー(チューナー入り)などを持っていれば、別の部屋でテレビを視聴したり、録画を見たりできる可能性がある
▶不安なところ
  • 明るい場所での視聴には光量がたりない?

テレビ用としては光量不足かもしれませんが、モバイルバッテリーで有名なANKERの製品ですし、気軽に持ち出して上映会みたいなことができそうで良い商品だと思います。

Nebulaのブランド力強化

Ankerはモバイルバッテリーで以外にも製品を多数作っていますが、
モバイルバッテリー、モバイルスピーカーなどの音響製品、ロボット掃除機などの白物家電に続く第4の柱としてプロジェクター製品を押し出していくようです。
より製品を広げていくだけの需要を見込んでいるのだと思うので、このあとご紹介する新しい商品の続編も含めて期待です。
From Anker

シーリングライト型 PopIn Aladdin

シーリングライトにプロジェクターを詰め込んでしまった革新的な商品です。

700ANSI Lumen

天井にケーブルを這わせるのかと思いきや、ネット対応の機器と通信することでTV視聴を可能にしているようす。下記が公式QAからの引用ですが、ネットに対応し、アプリなどに配信できるレコーダーが必要なので、初期投資がかさみそうです。

Q. 地上波テレビは見れますか。

A. ネット対応のテレビチューナー・レコーダーをご準備いただき、popIn Aladdin本体に搭載されているDIXIM PLAY for popIn Aladdinアプリを利用することでテレビ視聴が可能です。
DIXIM PLAYアプリの詳細はこちらをご覧ください。
popIn Aladdinにてご利用いただけるネット対応テレビチューナー・レコーダーについてはこちらの「接続確認済み機器」をご確認ください。

Q. 地上波テレビを見るためには、どのチューナーを準備すればよいですか。
A. popIn Aladdinにてご利用いただけるネット対応テレビチューナー・レコーダーについてはこちらの「接続確認済み機器」をご確認ください。

つまり対応機器が限られており準備が大変そうな印象です。この便利さの引き換えには仕方なのかもしれません。

▶いいところ
  • 天井につけるので、プロジェクターの面積を取らなくていい。
  • そこそこ明るい?
▶不安なところ
  • ネットワーク対応のレコーダーが必要なので総じて高価
  • アプリ・Wifi・本体・対応レコーダーのどれかが不調になるとTVが見えない恐れがある。
  • 部屋の家具の配置換えなどで電灯の位置がネックになって後々苦労しそう。
  • HDMIがないので、PCやその他映像機器が繋げない。(MACはAir Playでつなげるとのこと)

体験できる店舗を用意されているようなので、こちらから近くの店舗に行って実際に見てみるのが一番と思います。百聞は一見にしかず。

また、HDMIケーブル類が使えず通信のみでプロジェクターに映像をおくるため、怖いのは通信機能が不調になった瞬間にただの電灯になってしまうとこです。Amazonのレビューなどみたところ安定動作していそうですが少々心配になります。故障したときに修理に出すと部屋の電灯がなくなるのも恐ろしいところ。

更新(2020/05/03)

二世代目となるPopIn Aladdin2が発表されました。
明るさ自体は革ていませんが、解像度がFHDになりきれいになった他ライトの調節機能がアップデートされたなど使い勝手が良くなっています。生活に溶け込むプロジェクターとして更に洗練されている感じなので、ご興味のなある方はショールームなどでぜひご覧になってください。

Ankerの新作プロジェクターNebula Cosmos(2019/12/08更新)

最近AnkerがCosmosシリーズという新しいプロジェクターを発表しKickstarterでプロジェクト出資を募っています。
4kまで映せるmaxと、FHDまで映せる無印版の二種類になります。

Cosmos

解像度:FHD
輝度:900 ANSI lumen
投影インチ:30〜120インチ
スピーカー:
10Wスピーカーを2つ搭載、360度に広がる迫力あるサウンド
本体サイズ:298 x 198 x 91mm、
重量:約1.5kg

CosmosMax

解像度:4K対応
輝度:1500 ANSI lumen
投影インチ:30〜150インチ
スピーカー:
10W出力のスピーカーを4つ搭載、Dolby Digital Plusによる立体音響
本体サイズ:351 x 249 x 99mm
重量:約3kg

シーリングライト一体型のPopIn Aladdin(ANSI Lumen700) が明るい部屋では厳しそうなのをみると、ANSILumen900の無印版では厳しいかもしれませんが、ANSI Lumen1500のMaxは期待できるとおもいます。問題は価格のみです。

https://www.davetanaka.net/entry/anker-nebula-cosmos
デイブさんから引用
上記のサイトさんで通常版のレビューをされていました。照明ありで壁への投影をテストされていますが、少し薄くなってしまうようです。これが許容範囲化どうかは人によりますが、明るさ約1.5倍のMaxであれば可能性あるかもしれません。

そもそも場所を取りたくない人のニーズに合うのかと言われると微妙ですが、ビジネス系で使用されるプロジェクターよりも家に馴染みやすそうなデザインなので可能性は残されていると思います。

OSがAndroid9を採用しているので、BDレコーダーの専用アプリをインストールして、録画番組やリアルタイム視聴ができると思います。発売されたら実際に試す人が出てくるともいますので詳細待ちたいと思います。

更新(2020/03/28)
プロジェクトは成功し、実際の商品化にこぎつけたようですが、コロナの影響で生産が遅れているようです。
プロジェクトのアップデート状況はこちらで更新されています。

まとめ

プロジェクターは映画を見るときには抜群の威力を発揮しますが、テレビなど、日常での使用時が気になるとことろです。もちろん高額なプロジェクターを購入すれば明るい部屋でもくっきり見えるのですが、その金額に見合うメリットがあるかはかなり個人差があります。

単純にテレビも何もないところから考えた場合、

テレビの場合、最近は43inchが4,5万円で購入できること、そこににHDD(マックス1万円?)を追加して録画できるので、6万円もあれば事足ります。

それに対し、プロジェクターの場合はそれ自体で6万円位は覚悟が必要であること、そこにプラスしてテレビ放送を受信できるBDレコーダー(2~3万?)を別途購入しないといけないことを考えるとどうしても高価になってしまいます。そして、明るい部屋でも使うことを想定する場合、明るいプロジェクターを選択すると価格が更に高騰してきます。

映画以外に普段のTV視聴もプロジェクターで行いたいけど、そこまでプロジェクターにお金かけたくない方が購入に踏みきるかどうかは、ソニーさんのサイトにある、上記のような明るさで問題がないのかが分かれ目になると思いますが、具体的には、下記のような人はOKと思います。

  • テレビの画質に拘らない(部屋は明るいので薄くなるが、画面が多少ボケても気にしない人)
  • 画面が小さくてもいい(はっきりした映像をみるために画面のサイズを落とせる人)
  • 部屋がいつも暗い(言わずもがな)

上記には当てはまらないけど、テレビは邪魔だしプロジェクターを使ってみたいという方は、PopIn Aladdinを実際に見てみるのが一番と思います。

700ANSI ルーメンとのことで、他の2機種よりも光量は大きいのと、それで満足できない場合更に上の機種を検討する場合の光量の参考になるからです。

以上、プロジェクターをテレビ代わりにする方法まとめでした。
ここまで書いておいてなんですが、こういった商品のレビューは、明るさなど、実環境の様子を確認できるYouTubeが一番なので一度みてみるのをお勧めします:D
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする